審査・採点基準

 ギター界に限らず広く一般に理解、愛されるギター合奏を理想とする当コンクールの審査基準は、使用楽器、編成等による審査の偏りはなく次の4つの基準によって審査をするものとする。

音楽の三要素(リズム・メロディー・ハーモニー)をバランス良く構成し、合奏の基本が出来ているか。
曲の歴史的背景や作曲者の意図を良く考えた演奏表現であるか。
ギターという楽器の魅力を生かした演奏であるか。
今までのギター合奏を越え、新たな基準となるような素晴らしい点(選曲、技術、表現など)があるか。

 採点は審査員が各々の基準により各団体を100点満点で採点し、1位から最下位までの順位をつけ(例えば2位が90点の同点で2団体の場合、次の89点の団体は4位となる)その順位がそのままその団体の持ち点となる。
 それを団体ごとに審査員全員分集計し、一番持ち点が少ない団体が自動的に1位(最優秀賞)となる。
 但し、審査員特別賞は得点順とは限らず、審査員全員の合議により決定し審査結果発表時にその理由も説明する。(審査員特別賞の受賞に拘らずコンクールの1位は総合的に一番素晴らしい演奏であると認められた団体である。)

本選審査員(2016年度。50音順、敬称略) ※2017年度変更の可能性あり

有馬 礼子 東京音楽大学名誉教授、日本音楽著作権協会評議員

東京藝術大学音楽学部作曲科卒、下総皖一氏、伊福部昭氏に師事。
主として民俗音楽の研究。
1965~1968年コロムビアディレクター。
1951~2004年東京音楽大学勤務、現在東京音楽大学名誉教授。
(社)日本音楽著作権協会評議員、(社)日本作曲家協議会理事、(社)日本童謡協会会員。
小胎 剛 社団法人・日本ギター連盟名誉理事、ギタリスト

平山英三郎、小原安正にギタ-を師事。斉藤太計雄、菅原明朗に音楽理論を師事。
'53年 NHK(歌の花びら)にてデビュー。ドキュメント映画、テレビ等の作曲、演奏を担当。'73年「二つのギターの為の声」にて、武井賞を受賞。'73年「二つのギターの為の声」にて、武井賞を受賞。'80年小胎剛ギター四重奏団を結成。以後、TOYS(ギター三重奏)、Sol Viento(ギター4&フルート)、ロス・メロディオーソス(ギター&マンドリン)等を結成し、各地で演奏活動のほか、ギター教本、曲集等を多数出版。
小林 清伯 日本教育ギター連盟理事長、(社)全日本高等学校ギターマンドリン音楽振興会理事

冨田 欣市 全日本学生ギター連盟会長、厚木オーケストラ、イオス室内合奏団音楽監督、指揮者

国立音楽大学フルート専攻卒業後、中学校の音楽教師として合唱・管弦楽・ギターなどの指導で高い評価を得る。 その独創的かつエネルギッシュな活動はNHKはじめ多くのマスコミにより紹介され、その実績を元に長年、中学音楽教科書の執筆、編纂に携わる。
また音楽のジャンルを問わない活動は多岐にわたり、30年以上指導する厚木市少年少女合唱団が第11回「花とライオン児童合唱音楽賞」を受賞。
竹内 淳 作曲家、編曲家

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。
現在、カワイ音楽教室の研究部門で執筆活動を行う。
「青の韻律」(日本音楽集団からの委嘱)、「Surge 1」・「Surge 2」(全国学校ギター合奏コンクール課題曲の委嘱作品‐現代ギター掲載)、アルバム・アレンジ(宮本文昭「ニペンシィ」、「ソウル・ブルー」、「シネマ・アモーレ」、「ジャポネスク」、「オマージュ・オ・ブルー」、高橋美智子「鳥の歌」、矢部達哉「ディア・モリコーネ」、yumi「天使の宝石箱」、カノン「Precious」)、 TVアニメーション 「金色のコルダ」コンサート のクラシック音楽アレンジなど多数。
長尾 和彦 日本ギター合奏連盟理事長、バス・バラライカ奏者

ギター及び合奏法を新堀寛己、指揮法をE.アゲーエフ、バラライカ合奏法をD.ホクロフ各氏に師事。
'69年創刊の専門誌「月刊ギターミュージック」編集長を務める。'86年より北川つとむ率いる「東京バラライカ・アンサンブル」に客演。北川とのデュオ及び本邦唯一のバス・バラライカ奏者として活動。
現在、日本ギター合奏連盟理事長。