JGAギター音楽祭2017 出演者

【第1部 - 15:00開演】

深澤 太一(ふかざわ たいち)
 1991年、静岡生まれ。静岡東高校マンドリン部でクラシックギターと出会う。京都産業大学に入学後、ギタークラブに所属し本格的に始める。竹内茂夫准教授の古楽ゼミを3年間受講し歴史や楽典を学ぶ。これまでに柴田杏里、藤井敬吾、益田展行、松尾俊介の各氏に師事、ドイツ、オーストリアなどの海外の講習会にも参加、研鑽を積む。第41ギター音楽大賞優勝。第22回「静岡の名手たち」オーディション合格、コンチェルト賞受賞。

演奏予定曲:
アラビア風奇想曲/F.タレガ
イーライのポートレート/S.アサド

横村 嘉乃(よこむら かの)
  現在、高校3年。7歳よりギターを村治昇、金庸太両氏に師事。
第38回ジュニアギターコンクール、高校生の部・金賞。
第41回GLC学生ギターコンクール、GLC賞。
第34回スペインギターコンクール、4位入賞。

演奏予定曲:
ベネズエラワルツNo.3/A.ラウロ
グラン・ソロよりアレグロ/F.ソル

大塚勇馬(おおつか ゆうま)
 1998年生まれ。11歳よりギターを始める。現在、中野義久、近藤史明の両氏に師事。また、音楽理論・ソルフェージュを夏川由紀乃氏に師事。2013年第41回山口ギターコンクール上級部門第2位。2014年第60回九州ギター音楽コンクール入賞。2016年第62回九州ギター音楽コンクール第1位。これまでに荘村清志、福田進一、今村泰典、尾尻雅弘、益田正洋、大萩康司、朴葵姫、J.ペロワ、デュオ・メリス、P.マルケス、J.ジューヴ各氏のマスタークラスを受講。福岡市在住。西南学院大学文学部に在学中。

演奏予定曲:
大聖堂より第三楽章/A.バリオス
「内なる想い」より2.宝物/V.アセンシオ

【第2部 - 18:00開演】

茂木 拓真(もてき たくま))
 9歳よりギターを始め、堀井義則氏に師事。
 現在は洗足音楽大学クラシックギターコースにて原 喜伸、大萩 康司、鈴木 大介の各氏に師事している。
 第41回神奈川新人ギタリストオーディション・入賞、第1回長崎ギターグランプリ・グランプリ受賞、第41回GLC学生ギターコンクール・大学生部門第1位、第34回スペインギター音楽コンクール優勝、又その他複数のコンクールにて入賞。2017年2月23日、駐日スペイン大使館にて初のソロコンサートを行う。

演奏予定曲: アストゥリアス/I.アルベニス
歌と踊り1番より「踊り」/R.ピポー

齋藤 優貴(さいとう ゆうき)
 5歳よりギターを始める。これまでに大沢一仁、村治昇、鈴木大介、坪川真理子、荘村清志、江間常夫、金庸太、村治奏一各氏に師事。作曲を伊左治直氏に師事。ローラン・ディアンス、トーマス・ミュラー=ペリング、パブロ・マルケス、マルシン・ディラ、ジュディカエル・ペロワ、フランシスコ・ベルニエール、福田進一各氏のほか、国内外多数の演奏家・教授のマスタークラスを受講。第45回、46回、47回クラシカルギターコンクール第2位、第33回スペインギター音楽コンクール第2位、第57回東京国際ギターコンクールファイナリスト、第59回九州ギターコンクール第1位、第43回日本ギターコンクール第1位、第13回アンナ・アマーリア・ギターコンクール第3位(ドイツ)、第14回エンリコ・メルカタリ国際ギターコンクール第3位及び聴衆賞(イタリア)、第3回ハナバッハ・ギターコンクール第2位(ドイツ)、ほか優勝・入賞多数。現在、フランツ・リスト・ワイマール音楽大学(ドイツ)にて日本人初の生徒としてリカルド・ガレン氏に師事。

演奏予定曲:
ベネズエラワルツ No.3 / A.ラウロ
ソナタ第4番から第3,4楽章 / L.ブローウェル

ノエル ビリングスリー(Noel Billingsley)
 15歳よりエレキギターを独学で始める。19歳でクラシックに転向。クラシックギターを始めて僅か6年でロンドン、トリニティーカレッジオブミュージックを首席で卒業後、英国内外で演奏活動を行う。2002年にはバース国際ギターフェスティバルでジョン ウィリアムズと共演。
2011年沖縄へ移住以来、精力的に演奏活動を行う。2013年九州ギターコンクール次席入賞。2015年日本ギターコンクール2位無しの優勝、大阪府知事賞授賞。2016年クラシカルギターコンクール優勝。2017年、沖縄大渡室内楽団とアランフェス協奏曲を共演。

演奏予定曲:
アルハンブラの思い出/F.タレガ
ヘネラリーフェのほとり/J.ロドリーゴ